スポンサード リンク

糖尿病の治療で起こりやすい低血糖

糖尿病にかかったら、神経障害、網膜症、腎症といった3大合併症を始めとする様々な合併症を防ぐため、血糖コントロールを行う必要があります。糖尿病になると、血糖値を下げることだけを考えがちですが、低血糖になればよい、というものではありません。

高すぎる血糖値を下げるため、糖尿病治療にはインスリン注射などが行われることが多いのですが、薬が効きすぎると極端に血糖値が下がり、低血糖状態となります。低血糖になると、手足のしびれ、ふらつき、動悸、頭痛などの症状が出ますが、ひどい場合には昏睡状態に陥ります。

糖尿病の治療で薬物療法を行っている人は、食事を抜いたり、激しい運動を行うと低血糖になりやすいので要注意です。糖尿病の人に低血糖の症状が現れたら、すぐにブドウ糖を補給する必要があります。放っておくと、やがて意識障害を起こし、昏睡状態へと進んでいきます。低血糖の自覚症状がないまま、突然意識障害を起こし、昏睡へ陥る無自覚性低血糖になる人がいます。

糖尿病の合併症で神経障害のある人は、無自覚性低血糖になりやすいので注意が必要です。糖尿病で薬物治療中の人は、低血糖対策として、砂糖やジュースなどすぐに糖分を補給できるものを持ち歩くようにするとよいでしょう。
| 日記

糖尿病の3大合併症の一つである神経障害

神経障害、網膜症、腎症は糖尿病の3大合併症と呼ばれています。網膜症や腎症は、糖尿病がかなり進行してから症状が現れますが、神経障害は比較的早い段階で、手足のしびれや痛みなどの症状が出てきます。

糖尿病の人は血糖値が高い状態が続くため、身体の隅々に張り巡らされている細かい末梢神経の働きが悪くなり、神経障害を起こします。末梢神経には、運動神経、自律神経、知覚神経といった3つの神経があります。特に痛みや熱さを感じる知覚神経が障害を起こすと、怪我や火傷の発見が遅れ、潰瘍や壊疽を起こします。糖尿病が原因で神経障害を起こし、足を切断する人がたくさんいます。

糖尿病が進行して動脈硬化を起こしている人は、血流が悪くなり、足の先まで酸素や血液が行き届かなくなり、神経障害を悪化させます。手遅れになるほど神経障害が進行しないように、糖尿病と診断されたら血糖コントロールをしっかりと行うことが大切です。

糖尿病が進行している人は、小さな傷や火傷などを見落とさないように、毎日、足の指や足の裏をよく観察して、神経障害による壊疽を防ぎましょう。神経障害により味覚が鈍ると、塩分を摂り過ぎてしまい、高血圧など糖尿病以外の生活習慣病を悪化させてしまうので注意が必要です。
| 日記

糖尿病が悪化すると起こる足の壊疽

糖尿病の3大合併症の一つである神経障害は、ひどくなると足先に壊疽を起こし、最悪の場合、足を切断しなければならなくなります。糖尿病の合併症で動脈硬化が進むと血流障害を起こし、足先などに酸素や栄養が行き届かなくなるため、潰瘍や壊疽を起こしやすくなります。

細菌に対する抵抗力も低下しているので、早めに発見して適切な処置を行えばすぐに治るような傷や火傷などでも、治りにくく感染を起こしやすくなります。糖尿病の合併症で神経障害を起こすと、感覚が鈍るために怪我の発見が遅れることが多く、壊疽が急速に進行します。糖尿病だからといって、すぐに壊疽を起こすわけではありませんが、血糖コントロールの悪い人や、神経障害の進んでいる人、足の血行の悪い人などは注意が必要です。 

壊疽を予防するには、まず糖尿病を悪化させないように血糖コントロールを行うことが大切です。毎日、足の指や足の裏などに傷がないかどうか観察することも大事です。特に糖尿病が進行して神経障害を起こしている人は、痛みを感じにくく怪我に気づくのが遅れがちですから、念入りにチェックして、壊疽を防ぎましょう。靴擦れや深爪がきっかけで潰瘍や壊疽を起こすこともあるので、糖尿病の進行している人は注意が必要です。
| 日記

糖尿病と影響しあう歯周病

血糖値が高くなる糖尿病は、進行すると様々な合併症を起こしますが、歯周病もその一つです。歯茎などが細菌に感染することによって、歯がぐらつく、歯肉から出血が起こるなどの症状が出ます。

糖尿病の人は高血糖の状態が続くため、細菌に対する免疫機能が低下し、歯周病が悪化しやすくなります。また、糖尿病にかかると唾液が減ってしまい、口の中が乾燥して、歯周病の原因となる細菌が繁殖しやすくなります。糖尿病の人は日頃からよく歯磨きをして、口の中を清潔にするよう心がけ、定期的に歯石を除去するなどして、歯周病を予防しましょう。

ただし、いくら歯周病の治療に時間をかけても、原因となる糖尿病をそのまま放っておいては、いつまでたっても歯周病は改善されません。歯科医で歯周病の治療を行うと同時に、糖尿病を悪化させないように血糖コントロールをしっかりと行うことが大切です。糖尿病と歯周病は、お互いに悪影響を与え合ってしまい、歯周病の人は糖尿病が進行しやすいようです。

どちらも悪い生活習慣によって引き起こされる生活習慣病です。バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠を心がけ、規則正しい生活を送ることが予防の基本です。高血圧や動脈硬化などの合併症の予防にもつながります。
| 日記

糖尿病が原因となる白内障

糖尿病は進行すると様々な合併症を起こしますが、目に異常が現れることがあります。代表的な網膜症の他、白内障、緑内障などがあります。白内障は、目の中の水晶体が白く濁って視力が低下してしまう病気です。高齢者に多く見られますが、糖尿病の人は年齢に関係なく白内障にかかりやすいので注意が必要です。

糖尿病は初期の頃には目立った自覚症状がなく、白内障を発症する頃にはかなり進行していることが多いようです。高血糖の状態が長く続くため、糖尿病の人が白内障になった場合、症状が急速に進行します。濁ってしまった水晶体を取り出し、人工のレンズを入れる手術を行うことで、視力は回復します。手術は数十分で終わり、比較的安全です。糖尿病の人は、血糖値が安定しなければ白内障の手術をすることができませんので、しっかりと血糖コントロールを行うことが重要です。

ただし、糖尿病の合併症で網膜症が進行している場合、血糖コントロールを待たずに白内障の手術を行うこともあります。また、糖尿病により網膜症にかかっている人は、白内障の手術の後、傷が治りにくく、感染症などを起こす危険が高まります。網膜症や白内障を予防するには、糖尿病と診断されたら、定期的に眼科で検診を受けることが大切です
| 日記

糖尿病の3大合併症の一つである網膜症

急増する糖尿病は合併症が怖い病気です。神経障害、腎症、網膜症は3大合併症と呼ばれています。糖尿病と眼の病気は関係ないように思えますが、高血糖の状態が続くと、網膜の細い血管が詰まったり、破れたりする網膜症になりやすくなります。糖尿病の合併症で網膜症を起こし失明する人はとても多く、成人の失明原因の第一位となっています。

糖尿病による網膜症は、3段階に分けられます。単純網膜症と呼ばれる初期の段階では、自覚症状はありません。血糖コントロールを行えば、自然に良くなっていきます。血糖コントロールがうまくいかなかったり、糖尿病にかかってからの期間が長い場合には、前増殖網膜症と呼ばれる段階へ進行していきます。酸素不足を補うため、出血しやすい新生血管を作り始めます。眼底検査で軟性白斑と呼ばれるシミが発見され、レーザー光凝固術が有効な時期です。

更に進行して、増殖網膜症の段階になると、新生血管が破れて硝子体出血や網膜剥離を起こします。硝子体手術により、失明を食い止めることは出来ても、完全な視力の回復は難しくなります。

糖尿病の合併症による眼の病気は、網膜症以外に白内障や緑内障などがありますが、早期に発見し、適切な治療を行えば、進行を防ぐことが可能です。
| 日記

糖尿病の3大合併症の一つである腎症

糖尿病が進行すると様々な合併症を引き起こします。神経障害、網膜症、腎症は3大合併症と呼ばれています。手足のしびれなどの症状が出る神経障害は比較的早い時期に現れますが、腎症は糖尿病にかかってから10年近く経ってから症状が出てくることがあります。

糖尿病になると、血糖値が高い状態が長く続くため、腎臓の機能が低下します。腎症になると、老廃物のろ過機能が低下し、たんぱく尿が出たり、むくんだりします。糖尿病性腎症は、段階により第一期から第五期まで分類されています。

腎症を悪化させないためには、第一期、第二期の早期のうちに厳しく血糖コントロールを行い、糖尿病の進行を食い止めることが大切です。第三期になると、尿検査で異常が認められるようになります。高血圧になりやすいので、食事はたんぱく質、塩分の制限が必要になってきます。第四期まで進行すると腎不全となり、息切れ、動悸、貧血など、尿毒症の症状が出てきます。最終的には、血液透析が必要となり、日常生活に大きく影響します。

糖尿病が原因で腎症を起こし、血液透析を受ける人の数は急増しています。腎症を初期の段階で見つけるには、尿の中にアルブミンというたんぱく質が出ているか測定する尿中微量アルブミン検査が有効です。
| 日記

糖尿病が進行して起こる動脈硬化

生活習慣病の代表格である糖尿病は、進行すると恐ろしい合併症を起こします。三大合併症と呼ばれる神経障害、網膜症、腎症の他、動脈硬化も起こしやすい合併症の一つです。動脈硬化は血管の壁が硬くなったり、細くなったりして血流が悪くなる症状のことをいいます。

動脈硬化が悪化すると、やがて血管が詰まり、その先の血流が途絶えてしまいます。糖尿病は、血液中のブドウ糖の濃度が高い状態が続くため、動脈硬化を起こしやすく、進行の速度も速くなります。糖尿病はよくある病気だからと軽く考えて放っておくと、動脈硬化を起こし、心筋梗塞や脳梗塞など命に係わる合併症に繋がります。

糖尿病の人は、同時に高血圧、高脂血症、肥満などの生活習慣病を併せ持つ人が多く、動脈硬化を悪化させてしまいます。糖尿病は目立った初期症状が無く、のどが渇く、疲れやすい等の症状が出てくる頃には、随分進行して動脈硬化を起こしやすい状態になっているといえます。

糖尿病や高血圧を進行させず、動脈硬化を予防するには、規則正しい生活を心がけることが一番大切です。食事はバランス良く、塩分、脂質は控えめにしましょう。適度な運動を続ければ、糖尿病の悪化や肥満を防ぎ、動脈硬化を起こす危険を減らすことが出来ます。
| 日記

糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防

血中のブドウ糖の濃度を示す血糖値が高くなる糖尿病は、生活習慣病の一つです。同時に高脂血症や高血圧などの生活習慣病を併せ持つ人が多くいます。糖尿病も高血圧もよくある病気だからといって放っておくと、様々な合併症を引き起こすので危険です。

糖尿病を始めとする高脂血症や高血圧などの生活習慣病は、動脈硬化を引き起こす原因となります。動脈硬化は、心筋梗塞や脳梗塞、脳出血など生命に係わる病気につながります。糖尿病の人が高血圧や高脂血症、肥満を合併すると、動脈硬化を起こす確率が急激に高まるため、「死の四重奏」と呼ばれています。

これらの病気は毎日の不規則な生活が原因ですので、悪い生活習慣を改善すれば予防することが出来ます。糖尿病や高血圧を防ぐ一番の基本は、バランスよく規則正しい食事です。糖尿病だからといって食べてはいけない物などはありませんが、食物繊維が豊富な野菜やきのこをたくさん食べると、食後の血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。

高血圧を防ぐには、塩分を控えることが大切ですので外食の多い人は気を付けましょう。また、糖尿病の人は肥満傾向の人が多いので、カロリーの取りすぎにも注意が必要です。適度な運動は、高脂血症や高血圧の予防にもなります。
| 日記

糖尿病の人がかかりやすい合併症

急増する生活習慣病の中でも、糖尿病はよく知られています。血液の中のブドウ糖の濃度が高くなる病気ですが、進行すると恐ろしい合併症を起こす危険があります。糖尿病の初期には目立った自覚症状がありません。のどが渇く、尿の量が増える、疲れやすい、などの症状が出てきた時には、合併症を起こしやすい状態といえます。

糖尿病の人がかかりやすい合併症の中で比較的早い時期に現れるのが、神経障害です。手足のしびれ、筋力の低下などが起きます。感覚が鈍くなるため、傷に気づかず壊疽を起こし、手足を切断する人もいます。

網膜症も、糖尿病の人がかかりやすい合併症の一つです。高血糖により網膜にある細い血管がつまったり破れたりして起こりますが、ひどくなると失明する場合もあります。糖尿病にかかると腎臓の働きも悪くなります。合併症で腎症を起こすと、自分では血液をろ過できなくなり、人工的に血液透析を受けなくてはなりません。

糖尿病の人は動脈硬化にもなりやすく、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血などの危険な合併症を起こすこともあります。糖尿病を悪化させないようにするには、規則正しい生活を送ることが大切です。バランスの取れた食事や適度な運動を心がけ、恐ろしい合併症を予防しましょう。
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。