スポンサード リンク

糖尿病の人がかかりやすい合併症

急増する生活習慣病の中でも、糖尿病はよく知られています。血液の中のブドウ糖の濃度が高くなる病気ですが、進行すると恐ろしい合併症を起こす危険があります。糖尿病の初期には目立った自覚症状がありません。のどが渇く、尿の量が増える、疲れやすい、などの症状が出てきた時には、合併症を起こしやすい状態といえます。

糖尿病の人がかかりやすい合併症の中で比較的早い時期に現れるのが、神経障害です。手足のしびれ、筋力の低下などが起きます。感覚が鈍くなるため、傷に気づかず壊疽を起こし、手足を切断する人もいます。

網膜症も、糖尿病の人がかかりやすい合併症の一つです。高血糖により網膜にある細い血管がつまったり破れたりして起こりますが、ひどくなると失明する場合もあります。糖尿病にかかると腎臓の働きも悪くなります。合併症で腎症を起こすと、自分では血液をろ過できなくなり、人工的に血液透析を受けなくてはなりません。

糖尿病の人は動脈硬化にもなりやすく、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血などの危険な合併症を起こすこともあります。糖尿病を悪化させないようにするには、規則正しい生活を送ることが大切です。バランスの取れた食事や適度な運動を心がけ、恐ろしい合併症を予防しましょう。
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。