スポンサード リンク

糖尿病が進行して起こる動脈硬化

生活習慣病の代表格である糖尿病は、進行すると恐ろしい合併症を起こします。三大合併症と呼ばれる神経障害、網膜症、腎症の他、動脈硬化も起こしやすい合併症の一つです。動脈硬化は血管の壁が硬くなったり、細くなったりして血流が悪くなる症状のことをいいます。

動脈硬化が悪化すると、やがて血管が詰まり、その先の血流が途絶えてしまいます。糖尿病は、血液中のブドウ糖の濃度が高い状態が続くため、動脈硬化を起こしやすく、進行の速度も速くなります。糖尿病はよくある病気だからと軽く考えて放っておくと、動脈硬化を起こし、心筋梗塞や脳梗塞など命に係わる合併症に繋がります。

糖尿病の人は、同時に高血圧、高脂血症、肥満などの生活習慣病を併せ持つ人が多く、動脈硬化を悪化させてしまいます。糖尿病は目立った初期症状が無く、のどが渇く、疲れやすい等の症状が出てくる頃には、随分進行して動脈硬化を起こしやすい状態になっているといえます。

糖尿病や高血圧を進行させず、動脈硬化を予防するには、規則正しい生活を心がけることが一番大切です。食事はバランス良く、塩分、脂質は控えめにしましょう。適度な運動を続ければ、糖尿病の悪化や肥満を防ぎ、動脈硬化を起こす危険を減らすことが出来ます。
| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。