スポンサード リンク

糖尿病の3大合併症の一つである網膜症

急増する糖尿病は合併症が怖い病気です。神経障害、腎症、網膜症は3大合併症と呼ばれています。糖尿病と眼の病気は関係ないように思えますが、高血糖の状態が続くと、網膜の細い血管が詰まったり、破れたりする網膜症になりやすくなります。糖尿病の合併症で網膜症を起こし失明する人はとても多く、成人の失明原因の第一位となっています。

糖尿病による網膜症は、3段階に分けられます。単純網膜症と呼ばれる初期の段階では、自覚症状はありません。血糖コントロールを行えば、自然に良くなっていきます。血糖コントロールがうまくいかなかったり、糖尿病にかかってからの期間が長い場合には、前増殖網膜症と呼ばれる段階へ進行していきます。酸素不足を補うため、出血しやすい新生血管を作り始めます。眼底検査で軟性白斑と呼ばれるシミが発見され、レーザー光凝固術が有効な時期です。

更に進行して、増殖網膜症の段階になると、新生血管が破れて硝子体出血や網膜剥離を起こします。硝子体手術により、失明を食い止めることは出来ても、完全な視力の回復は難しくなります。

糖尿病の合併症による眼の病気は、網膜症以外に白内障や緑内障などがありますが、早期に発見し、適切な治療を行えば、進行を防ぐことが可能です。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。