スポンサード リンク

糖尿病と影響しあう歯周病

血糖値が高くなる糖尿病は、進行すると様々な合併症を起こしますが、歯周病もその一つです。歯茎などが細菌に感染することによって、歯がぐらつく、歯肉から出血が起こるなどの症状が出ます。

糖尿病の人は高血糖の状態が続くため、細菌に対する免疫機能が低下し、歯周病が悪化しやすくなります。また、糖尿病にかかると唾液が減ってしまい、口の中が乾燥して、歯周病の原因となる細菌が繁殖しやすくなります。糖尿病の人は日頃からよく歯磨きをして、口の中を清潔にするよう心がけ、定期的に歯石を除去するなどして、歯周病を予防しましょう。

ただし、いくら歯周病の治療に時間をかけても、原因となる糖尿病をそのまま放っておいては、いつまでたっても歯周病は改善されません。歯科医で歯周病の治療を行うと同時に、糖尿病を悪化させないように血糖コントロールをしっかりと行うことが大切です。糖尿病と歯周病は、お互いに悪影響を与え合ってしまい、歯周病の人は糖尿病が進行しやすいようです。

どちらも悪い生活習慣によって引き起こされる生活習慣病です。バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠を心がけ、規則正しい生活を送ることが予防の基本です。高血圧や動脈硬化などの合併症の予防にもつながります。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。