スポンサード リンク

糖尿病の3大合併症の一つである神経障害

神経障害、網膜症、腎症は糖尿病の3大合併症と呼ばれています。網膜症や腎症は、糖尿病がかなり進行してから症状が現れますが、神経障害は比較的早い段階で、手足のしびれや痛みなどの症状が出てきます。

糖尿病の人は血糖値が高い状態が続くため、身体の隅々に張り巡らされている細かい末梢神経の働きが悪くなり、神経障害を起こします。末梢神経には、運動神経、自律神経、知覚神経といった3つの神経があります。特に痛みや熱さを感じる知覚神経が障害を起こすと、怪我や火傷の発見が遅れ、潰瘍や壊疽を起こします。糖尿病が原因で神経障害を起こし、足を切断する人がたくさんいます。

糖尿病が進行して動脈硬化を起こしている人は、血流が悪くなり、足の先まで酸素や血液が行き届かなくなり、神経障害を悪化させます。手遅れになるほど神経障害が進行しないように、糖尿病と診断されたら血糖コントロールをしっかりと行うことが大切です。

糖尿病が進行している人は、小さな傷や火傷などを見落とさないように、毎日、足の指や足の裏をよく観察して、神経障害による壊疽を防ぎましょう。神経障害により味覚が鈍ると、塩分を摂り過ぎてしまい、高血圧など糖尿病以外の生活習慣病を悪化させてしまうので注意が必要です。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。